ガイド

1.ガイドとは

文字通り案内役

レコーディングにおけてガイドとは、演奏の助けになる、リズムや演奏のこと。目的は以下の2点です。

  • リズムキープのためにメトロノームを使用。
  • 曲の進行で迷わないためならがガイド(メロディ、コード、人の声)を使用。

ガイドは自分で作ってくることもあるし、スタジオで、本番前に予備トラックに録ってもよい。途中でテンポが変ったりするような場合は、あらかじめスタジオに相談し、ガイドを録音システムに覚え込ませる工夫が必要。

 

 

2.やってはいけないこと

 

ガイドを聴きながら録音する場合、基本的に1パートずつ録音するべき。同時録りするなら、よほど慣れていないと失敗します。

  • 基準にすべきガイドより、同時録りしている仲間のパート演奏が気になる。
  • 仲間のパート演奏が不安定になった場合に、それに釣られる。
  • ガイドと仲間のパートのどちらに合わせてよいか迷い、演奏がグニャグニャとうねって失敗する。
  • Rec.時間を短縮し、費用を安くできたと思いきや、一発録りであるがゆえに各パートの音が互いに被っており、影のリカヴァー(編集、修正)に苦労する。何のための一発録りなのかわからない。

強がって「一発録りはカッコいい」などと言っても、配布された音源を聴いた人は気づいてしまう。良いことは一つもありません。

びしっと決まれば素晴らしいが、それには経験が必要。試し録りならまだしも、発表する音源で冒険するべきではないと考えます。