同時録りのジレンマ

1.同時録りの利点

同時録りとは、文字通り、楽器パートを同時に録ることです。その利点は、

  • イントロ、間奏、ブレーク、フィルインなどでメンバーどうし息を合わせやすい。←いや、そりゃぁ下手な方もいます。
  • 何とも言えないライブ感
  • 簡易的な方法
  • 時間短縮
  • 作曲、アレンジ、リハーサルの備忘録として手っ取り早い。

 

 

2.同時録りの問題点

 

同時録りは、一筆書きのようなもので、演奏ミスを直すことが難しいのです。もし、自分たちの演奏形態が同時録りに向かなかったり、技量に問題がある場合、Rec.後の修正に期待しても、思うようにならず、悪あがきで時間を費やし、コストアップにつながるだけです。 

  • リズムのズレの編集・修正困難。
  • フレーズの編集・修正困難。
  • パート単独の音質調整困難。
  • ヴォーカルピッチの修正困難。 

 

3.音の被りについて

同時録りをすれば、部屋の中に複数のパートの音が響きます。ですから、各パートに配置したマイクは、狙った音だけでなく近隣のパートの音も拾います。これを被りといい、仕上がりを悪くします。

  • パート間の位相がくるい、ミックスしても、音が濁ったり、痩せて聴こえます。
  • パート個別の音質調整が難しくなります。
  • 被りは同時録りする全マイクで起こり得るので、ミックスでの音の濁りは相当なものです。
  • ある楽器のフレーズAをコピーして、ミスのある共通のフレーズA’の位置に貼付けることを想像してみてください。もし、その音にいたら別の歌詞の歌声が被って使えません。 

被りを抑えつつ同時録りをするためには、音響特性の良いスタジオと経験のあるエンジニアが必要であり、これを街場の小さいスタジオに期待することは難しいです。条件が整わないなら、無理せず、素直に1パートずつ録るほうが良いのです。


4.リズムガイドについて

今、DAWを使ったRec.が主流。後々の編集・修正の手際を良くすため、率先してガイドを使いながら録ります。同時録りでも、願わくばメトロノームを使いたいのですが、失礼ながら、足を引っ張るメンバーがいて思うように録ることができない場合があります。

  • メンバーの1人が、ガイドに対してズレる。
  • もう1人のメンバーが、ガイドに合わせるべきか、メンバーに合わせるべきか迷い、リズムがウネる。
  • リズムが不安定な演奏だと、録音したフレーズをコピーし、同じフレーズの場所へ貼付けできない。理由は、たとえ同じフレーズでも、それぞれの部分でテンポが微妙に違うからです。

 

 

 

5.というわけで

  • 当スタジオでは、「音が被りあうパートどうし」での「同時録り」はお断りしています。
  • 同時録りは、手軽にできる録り方ですが、音の被り、演奏能力、リズムキープなどを考えると、備忘録やデモを録るために使う程度にするべき。
  • あえて同時録りにこだわりつつ、売物(商品)に化けるような質を求めるなら、環境選び、演奏能力の向上が必要です。
  • もちろん、最初から上手な方はいませんし、やってみることには賛成です。
  • 最後にもう一度。当スタジオでは、音が被らない条件ならお受けします。後から個別にパートを録り直せますし、編集・修正も多少は楽ですから。

 


6.ブラックな話

もし、「音が被りあうパートどうし」での「同時録り」を無理やり行うとどうなるでしょう?

  • 編集・修正には、たとえDAWを使っていても相当な苦労をします。エンジニアはスタジオの評判に係るので、わずかでも直そうと粘り、時間が超過していきます。それは。プライドというニンジンを目の前にぶら下げて走る馬のよう。
  • エンジニアは時間の感覚が麻痺して、超過時間をいちいちカウントしなくなります。そのすべて請求したら、安さを期待していたお客さんは驚くでしょうね。
  • 「やめたほうがよい」と言っているのに、それでもやりたがるお客さんには、失礼ながら、そんな細かい苦労を理解できません。料金を巡るトラブルが面倒なので、エンジニアは泣く泣く料金を安く抑えてやり過ごします。お客さんに悪気がなくてもブラックな話だと思いませんか(苦笑)。
  • 「同時録りは味があって良い」と言うお客さんが、この不都合な真実を聞いたら傷つくかもしれません。しかしですね、そもそも同時録りは簡易的で手軽なメニューなはず。失礼ながら、被り合う楽器どうしで、綺麗に録ろうという認識が甘いと存じます。
  • 当方の説明を受け入れて別の方法で録れば、もっと良いものができるのに。影の要らぬ遠回りもなくなるのに・・・、信用されていないのですね(涙)。