タムの位置、それに関連して

ドラムセットの写真です。

タムを水平にすると、

  • バスとタム底側の接触を避けるために、高めの位置に配置せざる得ませんね。
  • タムの高さに合わせてスネア位置も高く。

 

一見、叩きづらそうですがそうでもないんです。スローン(椅子)も高くすればいいのです。

  • 高い位置から見ればタムも良く見え、問題なし。
  • キックの踏込みが楽になる。
  • スネアとバスのマイクの録れ音の分離が良くなる。
  • タムへのマイキングも楽。録れ音にも良い方向。

本来は、水平よりのタム配置が正しいのかなと思えてきます。完全に水平でなくともできるだけ水平に。プロはタムやシンバルが多いからコックピットのようになり、どうしても、タムを斜めにするものが出てくるかもしれません。しかし、基本セットでそれを真似する必要はないのではないかと・・・。特に体格の大きい外人なら、なおのことタムを見下ろす形になり、水平でも問題ないじゃないですか?

古いところではGinger Baker(Cream)がこんな感じ。