(マルチの)シュミレーターの話

1.初めに

アンプシュミレータ―付マルチエフェクターには、何々っぽい音というプリセットがいくつもメモリーされています。そしてその音は、キャビネットの音の時点でCDから出てくるようなミックスされた整った音。

綺麗な整った音なら良いのでは?

いやいや、本来は、キャビネットからの音は荒々しいもの。CDの音は、下記の順に、いくつかの装置を通る間にロスがあって丸くなり、ミックスの音質調整をされてまとまったもののはず。

メーカーは売りたいが故なのか、キャビネット出力の段階でCDのような音を出せるように作ってしまうのではないか?と勘ぐってしまいます。

 

2.音の経路を考える

ギター
 ↓
エフェクター(必要なら)
 ↓
ギターアンプ
 ↓
キャビネット
 ↓
空気(厳密に書けば)→演奏者の耳へ
-↓-----------
マイク
 ↓
プリアンプ、コンプ
-↓-----------
インターフェース(in)
 ↓
Rec.システム本体
 ↓
インターフェース(out)
 ↓
モニタースピーカー
-↓-----------
空気(厳密に書けば
 ↓
エンジニア、演奏者の耳
 ↓
ミックス、マスタリング
-↓-----------
CD-RやプレスCD
(省略するが、ここでも音は変化する)
 ↓
リスナーの聴く音

 

 

3.何をシュミレートしているのか?

仮に、マルチエフェクターを使ってキャビネットの段階で、調整されたCDのような音が出いるとしましょう。 そういうマルチエフェクターの場合、マイキングシュミレーターまで含んだ音づくりになっている可能性があります。 それを、マイクで拾うと、二重にマイク録りしたことと同じになると考えます。結果、どちらかといえば音はこもって不鮮明になるのでは? 

 

メーカーによっては、アンプ出力モード、ライン出力モード(マイキングを含むシュミレーター)とかを装備して音の質感を使い分けられるようにしているモデルもあるようです。使う際は、そういうモード切替について注意しましょう。

 

4.Rec.では録れ音を聴いて微調整

シュミレーターを使うか、アンプ直結かに関わらす、キャビネットの音が演奏者のベストな音だったとします。ここでもし、Rec.システムを通ってモニターした音が違うとするなら、Rec.システム側でも良い音に近づける努力をしますが、その一方でRec.システムのモニターの音を聞きながらアンプを調整してキャビネットの出音を変える努力も必要かと。 

ライブは、アンプ音とマイクで取った音が混在して聞こえていますよね。Rec.はマイク音のみですから。思った音と違ってくるのでしょう。

 

5.最後に

私としては、ギターRec.は、できるだけマイク録りが良いと考えます。なぜなら、キャビネットのスピーカーがポコポコと動くことで、瞬発力、加速度が生まれ、飛び出すような音圧のある音につながると、考えているからです。ラインやデジタル処理でエフェクト加工(演算加工)されただけだと飛び出し感は弱いかもしれません。

そう言いながらも、私も選択肢としてシュミレーターを持っていますよ。バンドさんが、同じ部屋のなかで同時録音したい場合や、時間に余裕がなく簡易的な作業を望まれる場合、どういう音色が良いか雰囲気を試す場合など、必要な場合はあります(ライン録音)。

 

それに、いつか、もっと良いシュミレータ―が出るかもしれませんし。完全否定をしないでおきます。