ピエゾが苦手な方にiRigAcosticStage

1.ピエゾピックアップが苦手

アコースティックギターの音を拾うためのピエゾピックアップ。この手段しか無く、その音質を補うために、エフェクターやプリやシュミレータをとっかえひっかえ試すという永遠の旅を続ける方は多いのではないでしょうか?私はこのピエゾピックアップが大の苦手。嫌いです。あのパキパキ、ピキピキ、ジャキジャキしたライン臭い音は、生音とは似て非なるものでしょう。

 

2.マイクを使う

ピエゾピックアップを使う以外には、マイクで拾う方法が一般的。私も、Rec.では、コンデンサマイク等を2本を使ってステレオのように広げてまとめています。同時にピエゾも録ることがありますが、輪郭を足す程度に混ぜるくらい。

シンプルなようですが、マイクの種類、中継機材、位置など、演奏者によって同じではありません。なかなか大変なのです。

 

3.iRigAcosticStageという機材

これはIKマルチメディア製のクリップ式マイクとDSP搭載プリアンプ。

サイトはこちら⇒iRigAcosticStage


 

【メーカーの奨める使い方】
クリップ式マイクで集音します。さらに小型専用プリアンプ(DSP機能付)を通すことでアコースティックの生音らしく整えます。また、この専用プリアンプには、ピエゾピックアップ出力を入力し、混ぜることもできる。ピエゾが嫌いな私ですが、この品物でなら、まんざら悪くないと感じました。

 

【オープンマイクを催すなら】

余計なお世話かもしれませんが、これを会場に3台ほど常備し、使いまわせば良いと考えます。本人のこだわりのシステムで行いたい人は、それを持ち込んでも良いでしょうが、これを聴いてしまうと、何でピエゾを敢えて使う必要があるのかわからなくなります。

 

【Rec.では】
ギターとヴォーカルだけのRec.の場合、ギターはステレオ(2トラック)にしたいところです。その場合、

  1. ギターを2回弾き、2トラック分録ります。それぞれを左右(LR)に振り分ける。
    普通のマイク1本またはi-Rig Acoustic Stage(クリップ式マイク+ピエゾ)があれば可能です。重ね引きによる演奏差でステレオ感をだし、音に厚み、深みも加わる。
  2. ギターを1回弾き、2トラックを同時に録り、それぞれを左右(LR)に振り分ける。
    普通のマイクで1トラック分を録ります。同時にi-Rig Acoustic Stage(クリップ式マイク+ピエゾ)で1トラック分を録ります。音質の差でステレオ感をだします。この時ピエゾなしでもうまくいくかもしれません(状況次第)。
  3. 前項と似た方式ですが、マイクを使わない方法。
    ピエゾ出力を何か手持ちのプリアンプで1トラック分を録ります。同時にi-Rig Acoustic Stage(クリップ式マイク、ピエゾなし)で1トラック分を録ります。音質の差でステレオ感をだします。

 

【願わくば・・・】

 このi-Rig Acoustic Stageは、良いアイディアだと考えます。しかし、

  1. クリップ式マイクの線が細く、切れないか心配。
  2. 小型専用プリアンプはストラップ固定ではなく、足元に置くストンプ形式のものが良いと考えます。
  3. i-Rig Acoustic Stageそのものが、ギターメーカーと協力して埋め込みタイプになれば素晴らしいと考えます。