ピエゾが苦手な方にiRigAcosticStage

1.ピエゾピックアップが苦手

アコースティックギターの音を拾うためのピエゾピックアップ。この手段しか無く、その音質を補うために、エフェクターやプリやシュミレータをとっかえひっかえ試すという永遠の旅を続ける方は多いのではないでしょうか?私はこのピエゾピックアップが大の苦手。嫌いです。あのパキパキ、ピキピキ、ジャキジャキしたライン臭い音は、生音とは似て非なるものでしょう。

 

2.マイクを使う

ピエゾピックアップを使う以外には、マイクで拾う方法が一般的。私も、スタジオでのRec.では、コンデンサマイク等を2本を使ってステレオのように広げてまとめています。同時にピエゾも録ることがありますが、輪郭を足す程度に混ぜるくらい。

ものぐさに感じるかもしれませんが、アコースティックギターのマイク録りも、マイクの種類、中継機材、位置など、演奏者によって同じではありません。なかなか大変なのです。

 

3.iRigAcosticStageという機材

これはIKマルチメディア製のクリップ式マイクとDSP搭載プリアンプ。

サイトはこちら⇒iRigAcosticStage


 

【メーカーの奨める使い方】
クリップ式マイクで集音、さらにプリアンプのDSP昨日でサウンドを整えてくれる。また、本ブログで私が苦手と主張しているが、ピエゾピックアップの音を入力して混ぜることもできる。簡易型のライブではモノラルでミキサーへ送るので、このやり方で十分。

 

【オープンマイクを催すなら】

余計なお世話かもしれませんが、これを会場に3台ほど常備し、使いまわせば良いと考えます。本人のこだわりのシステムで行いたい人は、それを持ち込んでも良いでしょうが、これを聴いてしまうと、何でピエゾを敢えて使う必要があるのかわからなくなります。

 

【Rec.では】
ギターとヴォーカルだけなどのシンプルなRec.の場合、ギターはステレオ(2トラック)にしたい。そこで、このクリップ式マイク(装置含)で1トラックを録ります。そして、コンデンサマイクやギター本体のピエゾ出力を使ってもう一方のトラックを録ります。2つのトラックを左右に広げれば、音質の微妙に違うステレオ感(疑似ステレオ)が作れるわけです。

まぁ、私はピエゾをなるべく使いたくないです。

 

 

【Rec.での注意】
もし、ギターとヴォーカルを同時に録りたいという場合は、クリップ式マイク(装置含)とギター本体のピエゾ出力を使いましょう。ギターにコンデンサマイクを使うとヴォーカルが被ります。2つのトラックを左右に広げた時にコンデンサマイクのトラック側にボーカルが寄って聞こえてしまいます。