ヴォーカルの音程の修正

Rec.(レコーディング)は活動家にとって一大イベント(発表、販売、成果、思い出)。とにかく記録に残るものです。ここでは、ヴォーカル、コーラス録りの際に、上手くできなかった場合の音程の修正についてお話しします。

 

 

1.音程を修正するソフト

  • 音程は、目的の音に対して上下半音程度のズレなら、Rec.システム側で修正可能です。
  • しかし、並んでいる音どうしで音程差が全音以上(1音以上)ある場合は、ロボットの様な声になってしまうことがあります。
  • この修正は実際にやってみないと分かりませんが、
    • 修正に険悪感を持たれている方には試してほしいです。
    • 頼りすぎている方には、修正した音程を聴いて改善してほしいです。

2.ズレを直しますか?

2.1 ☓かなりずれている方

  •  人に聴かせるのを憚るならお蔵入りさせるしかありません。音程修正ソフトを利用できないレベルです。
  • それでも、あえて、このまま発表して良い場合とは、
    • 意図的に表現しているもの。
    • 結果的に心に響いたり、格好良いもの。
  • 何とか良くしたいのなら、
    • メロディガイドを聴きながら録り、少しでも安定させる。
    • ここで音程修正ソフトを併用する。
    • ガイドはお客さん自身で事前準備するべき。当日、唄えないからといって、その場でガイドを作成しようとしても、それは悪あがきです(時間の超過)。スタジオ側では、当日に曲を聴くことが殆どで、メロディを把握していないからです。スタジオへ「ちょっと頼む」ような事ではありません。それから、スタジオのシステムで読めるファイルの形式についても事前に打合せを。

 

2.2 △努力しているけれど

  • 正確な音程を目指して努力してもズレるものです。正統派といいますか、こだわっている方は良く考えてください。
    • 悩むなら、 録り直しを。
    • 録り直しても直らないなら、音程修正ソフトを。
  • ご自分の判断で音程修正ソフトを使わない場合もあります。
    • 自分の納得する音程の範囲内にある。
    • 自分の声をいじられるのが嫌。
  • 困るのは、上手く唄えたと思っているが、実はかなり音程がズレている方。
    • 「この人、上手そうだな。」と思わせておいて、ズレていたら格好悪いでしょう。
    • 音程のズレは、誰にでもあり、他人ほど気づくもの。
    • 唄が不得意でも聴く側としてなら敏感な方もいます。
    • 指摘しづらいですが、お互い感情的にならず、誠実に向き合ってより良いものに。
    • お客さんの中でも音程修正を嫌がる方はいます。そんな方でも、どれだけ印象が変わるのか修正の前後を比較していただきたいです。「ハッと」するかもしれませんよ。白状しますと、あまりに致命的なので部分的に内緒で直した作品もあります(涙)。

 

2.3 ○実力ありの方でも

  • 音程が本当に正確な方でも微妙なズレはあります。
  • 向上心があり、なお、こだわるなら録り直すか、音程修正を。
  • 気づいたのが別な日ですと、コンディションが変わるので部分的録り直しは質感が合わなくなることもあります。
  • 部分的なズレなら、音程修正ソフト使う方法を試す価値があると考えます。 

 

 

 

3.余談ですが

  • メジャーの方々がインタビューで「今回のレコーディングでは、色々と冒険、実験ができた。」などと言えれば格好良いですよね。しかしそれは、偶然ではなく、製作環境も含め、実力に裏打ちされたものではないかと考えます。
    • アドリブ対応力
    • スタッフによる段取り
      いないなら自分で
    • 音楽製作環境(機材)
  • アドリブや追加のコーラスを録ってみたいという、気持ちは止められません。どんなレベルの方でもやってみるべきです。ただし、
    • キー、コード、スケールを少しでも学び、おかしなコーラスフレーズを作らないこと。
    • 本番前の別の日に準備(試す)。
    • 録音できなかった場合は、音程修正を選択肢の一つに。
    • それでも駄目なら採用を潔く諦める。
    • アイディアを次回の作品にまわす。
  • 最後に、音程修正ソフトについて。これは期待しているだけのことですが、修正された自分の声を聴くと、ヴォイストレーニングの先生の声では感じられない何かを得られるかもしれません(自分の声でお手本が聴ける)。